Blog

さよなら。まこっちゃん。

どうもお久しぶりです。

Vo.橋本です。

先日の1月10日のKOBE SLOPEでのライブでもお知らせした通り、
このライブを持ちましてここまで、一筋縄ではいかないクセとテクニックを備えた
至高のギタリスト、Gt永田 誠がハロルドを脱退することになりました。

最後のライブに来てくれた皆様、ここまで応援してくれた皆様、本当にありがとう。

彼の意向で事前に告知することはしませんでした。
急なお知らせになって申し訳ないです。

ハロルド結成して約3年が経とうとしているのでしょうか?
時が過ぎるのは本当に早い。

ニューヨークに行ったり、りんご音楽祭というフェスに参加したり、
かと思えば小さなBARでライブしたり、たった一人のお客さんのライブハウスで
ライブしたり、、、
本当に面白い3年間でした。

その中で出会ったたくさんの人たちにご愛顧頂き、
本当に嬉しいです。

脱退の理由はなんでしょう?
音楽性の違い。とでも申しましょうか?

まさか自分の身にこのお馴染みの
「音楽性の違い」とやらが降り掛かるとはw

いやはや、人生はわかりませんね。

人生は交わったり、離れたりする螺旋のようです。
終わってしまえば、その流れの中にあっただけのただ単純なことのように思います。

まこっちゃんはこれからも何処かでギターを弾き続けていきます。
一体どんなかたちでまた人前に登場するのか、
それはもはや僕たちも知り得るところではません。

我々も楽しみにしておるところです。

さて、残された僕らはどうなるのかというと、
もちろんまだまだハロルドを続けて行きます。

正直、このままで終わってたまるか!
という状態。
そう、このままでは終われない。
むしろ僕らは始まったばかりなのです。

実は新しいギタリストをすでに加入し、早速リハーサルを開始してます。
彼がまた良い。最高です。
また紹介しますね。

Ba.なるやんが
「第一部が終わりましたね。第二部が始まりますね。」

Dr.圭佑が何の話しをしてた時だったか忘れましたが
「だからタクマは良いな!好きだわ!」
と言ってくれたこと。

本当はみんな不安なはずなのに、
頼もしかった。

僕は時折、自分のことばかりになってしまいます。
これをお読みの皆さんもあるいはそうこともあるかもしれませんね。

「人間は結局1人では何も出来ない。」
「他人は関係ない。要は自分自身がどうかだ。」

一見、相反するこの言葉はこの時期に同じ方から頂いた言葉ですが、
なぜこの2つを両立して考えることができるのか
今ならよくわかります。

今までのハロルドではなくなるでしょう。
ですが、きっと良いものになっていくと思います。

僕たちは誰も悲観していません。むしろ今までで一番前向きな状態です。
どうぞこれからもこのバンドをよろしくお願いします。

もう次のライブも決まっています。
次は2月15日、心斎橋のヒルズパン工場です。

新体制、初お披露目です。
たくさん来てくれるとうれしいいな。

Image-1

橋本 拓馬


Listen

  • harold 1st mini album “Welcome to the Lake side forest city”
    [ Grapefruit ]|Official Music Video

    Director&Edit / 磯部鉄平
    https://twitter.com/isobeteppei

    Director of Photography / 山口理沙
    http://gunjou-film.com/

    Cast / カレン
    https://twitter.com/karendesu2

    ハロルド
    Vocal&Guitar / 橋本 拓馬
    Bass / 鳴瀬 裕輝
    Drums / 箕浦 圭佑
    Guitar / 永田 誠
    http://harold-room.com/
    https://www.facebook.com/harold.kobe
    https://twitter.com/harold_kobe

View all

© 2013 - 2017 harold.

Back to top
  • facebook
  • twitter